激安レンタルサーバーを使って、ワードプレスを始めました

激安レンタルサーバーを使って、ワードプレスを始めました。

基本的には、使い勝手などの検証が目的です。どんなサーバーかはまだ内緒です。

ワードプレスサイト作成覚え書き

とりあえず入れておくべきプラグインを入れました。

Akismet Anti-Spam

いわずとしれたスパムコメント排除用プラグインです。
少し名が売れ出すと、とんでもない数のスパムがくることがあるので、ワードプレス必須プラグインです。

Edit Author Slug

セキュリティーのためユーザー名を隠すのに必要なプラグイン。
ワードプレスはユーザー名とパスワードでログインできますが、これを知られると乗っ取られてしまいます。
サイトに表示するユーザー名は「ユーザー」「あなたのプロフィール」でニックネーム表示に変更するのは当然ですが、それでも簡単にユーザー名を調べることができます。
Edit Author Slugは、ユーザー名を知られにくくしてくれますので、必ず入れておくべきプラグインでしょう。

SiteGuard WP Plugin

これもセキュリティーのためのプラグインです。
パスワードを知られることを防止してくれます。
これまで、セキュリティー対策に多くのプラグインを入れてましたが、このプラグインができてから楽になりました。
パスワード入力時に認証文字の入力が必須になりますが、日本製プラグインなので文字が「ひらがな」。
嬉しいです。
その他、多くの機能をこれひとつで提供してくれます。

WP Multibyte Patch

「マルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の修正」らしいです。
昔からワードプレス導入時には必ず入れるべきプラグインなので、使わないとどうなるのか知りません。

Google XML Sitemaps

Googleさん用のサイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。
SEO用に必須です。

WebSub/PubSubHubbub

ウェブサブパブサブハバブ……早口言葉で読めません。
新規投稿時にGoogleに無理やり更新内容を送りつけるシステムを利用してインデックスを早めるプラグインです。
最近Googleでどれくらい活用されているのかわかりませんが、入れないよりはましです。

まずはこれくらいにしてやろうか。

他にもいくつかお気に入りプラグインはありますが、テーマとの整合性やサイトの表示速度に影響しそうなものは最初は入れずにおきます。

まずは、不具合が出ない必ず入れておくべきプラグインのみに絞りました。

基本はセキュリティーですね。
これは必ず設定しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする