クラウド型共用レンタルサーバJETBOYの使い勝手は?

レンタルサーバのトレンドはクラウド?という記事で紹介したクラウドとのハイブリッドレンタルサーバーJETBOY。
その使い勝手はどうなのでしょう。

JETBOYとは?

JETBOYは290円/月から使えるクラウド型のレンタルサーバです。
サイトの規模によって、CPUやメモリなどのリソースを選べるのが大きな特徴です。
また、WEBサーバソフトにLiteSpeedを使用、記憶媒体はSSDを使用するなど、ワードプレスを高速で扱える環境になっています。

公式サイトから見る使い勝手

性能や価格は魅力がありますが、問題は使い勝手です。
まず、公式サイトを見て使い勝手を判断してみます。

サポート

まずサポートはメールサポートが無料です。
24時間365日対応しているとのこと。
電話サポートがないのが残念ですが、この価格ではメールでも無料サポートがついていれば充分でしょう。
またファーストSSDプラン(月額580円)以上だけですが、ワードプレスの移行代行が無料とのこと。
これはかなり太っ腹です。

管理パネル

サーバの使いやすさを決めるのが管理パネルです。
JETBOYでは、自社のサーバーパネルの他に「cPanel」を全プランで提供しているとのこと。
cPanelは扱いやすいことで知られていて、サーバー管理の世界標準ともいえるものなので、管理パネルの操作性は問題ないでしょう。

その他

サーバソフトはLiteSpeedを使っています。
LiteSpeedは一般的なWEBサーバソフト「Apache」の上位互換なので、Apacheと同じように扱えます。
やはりネットなどの情報量はApacheが圧倒的に多いので、その情報をそのまま使えるのは嬉しいですね。
その他、ワードプレスの簡単インストール機能もついていますが、最近ではどのレンタルサーバでも付属している機能なので、差別化とは言えないでしょう。

実際の利用者の声

利用者の口コミなどをみましたが、好意的な意見が多いようです。
使いやすいだろうというのは公式サイトからでも分かりますが、気になるのはサポートの質です。
「サポートの対応が素早い」とか「丁寧」という声が多くあるので、問題はないのだろうとは思います。
まあ新興のサービスなので、ここに手を抜いていたらNGですが。
話題のレンタルサーバJETBOYに変えてみたという記事に、実際にサポートから送られてきたメールの例が載っています。
500エラーが出た(利用者のミス)ことに対し、デバックしてエラーの原因ファイルを洗い出したという内容のメールです。
確かに丁寧なサポートです。
機会があれば一度つかってみたいと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする