レンタルサーバのトレンドはクラウド?

個人が主にウェブサーバとして利用するレンタルサーバのクラウドタイプへの移行が進行し始めたように思えます。
企業サーバのクラウド化からはかなり遅れましたが、今後はますますクラウドへの流れが加速するのではないでしょうか?

そもそもクラウドサーバとは?

クラウドと言えば、元々「雲」のことです。
ITの世界では、自分で実態(ハードなど)を持たず、インターネットを通じて好きなとに好きなだけ使えるサービスのことをクラウドと呼ぶことが多いようです。
雲のように実態が捉えずらいので、この名前が付いたのでしょう。
クラウドサーバは、サーバ機能をこのクラウドで利用するものです。
企業ではセキュリティーや自由度の面から、サーバーは自己保有(オンプレス)するか、レンタルの場合でも専用サーバを利用するのが普通でした。
企業の業務に利用されるので、サーバーダウンなどの障害は避けなければなりません。
ピーク時にダウンしないだけの余裕を持ったサーバーを用意する必要があり、高くつきました。
そこで、仮想化技術を使った仮想専用レンタルサーバーを使い、CPUやメモリなども利用した分だけの料金で運用できるクラウドサーバが現れ、多くの企業がクラウドに移行していきました。

個人で使う場合

個人でも事業として運営している人を中心に、クラウドサーバーを利用する人が現れました。
しかし一部に留まります。
何故なら知識がない人が使うには敷居が高すぎたのです。
仮想でも専用サーバです。
自由にサーバを利用できます。
ということは、サーバの知識がなければ利用が難しく、管理も大変だということです。
自由度があるかわりに、運営が難しいのが仮想専用サーバなのです。

最近のトレンド

しかし、最近ワードプレスを使う個人にもクラウド化の流れがみられます。
共用レンタルサーバーとクラウドのハイブリッドタイプのサービスが立ち上がったのがきっかけです。
簡単にいうと、仮想サーバでありながら共用サーバー並みの簡単さをもったサービスです。
クラウドタイプの運用が難しいのは、自由度があるからです。
普通は自由度が高いサービスの方が優れていると考えられますが、個人のウェブサーバーとして考えたときには、それが逆に足枷になっていたのです。
そこで、自由度を奪うという方法に出ました。
OSもソフトも自由に変更することはできません。
サービス側が設定したものをそのまま使うだけです。
逆に言えば、ユーザーはそれらの設定やアップデートなどをしなくていいのです。
これが現在のトレンドです。

ハイブリッドタイプのサービス

ハイブリッドタイプのサービスを紹介します。
アズポケット株式会社が提供するクラウドとレンタルサーバのハイブリッド型レンタルサーバです。
ハイブリッドタイプのさきがけともいえるサービスです。
月額980円からと、通常の共有レンタルサーバー並みの価格で利用できます。
株式会社ライムテックが提供するクラウドとレンタルサーバのハイブリッド型レンタルサーバです。
月額290円からの格安プランがあるので初心者向けと言えるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする