そもそもサーバって何なんだろう?レンタルサーバ基礎知識

このサイトではレンタルサーバについて説明しています。
でも、そもそも「サーバ」って何?っていう人もいるかもしれません。
そんな人のために「サーバとは何か?」についてやさしく説明してみます。

サーバとは?

サーバあるいはサーバー(英: server)は、サービスを提供するコンピュータである。コンピュータ分野のクライアントサーバモデルでは、クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側のコンピュータやソフトウェアを指す。WikiPedia
「クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側のコンピュータやソフトウェア」
簡単に言えばコンピュータとソフトです。
あなたが使っているコンピュータと違うのは
「あなたの操作に応じて動作する」
のではなく、
「ゲスト(お客さん)のリクエストに応じて動作する」
ということです。
不特定多数の人からのリクエストに応じて動作するコンピュータと理解すればいいでしょう。

ウェブサーバとは?

不特定多数の利用者の要望に応じて動くコンピュータとソフトをサーバと呼ぶのですから、一言でサーバといっても色々な種類があります。
その中でホームページを表示される機能を持ったサーバをウェブサーバと呼びます。
ワードプレスサイトを公開するのに必要なのもウェブサーバです。
ウェブサーバは「このページを見たい」というリクエストに応じて、ページの情報を返すものです。
ページを見ようとするのは不特定多数の利用者なので、まさにサーバです。

ウェブサーバの機能

ウェブサーバとは言ってもハードは普通のコンピュータと大きな違いはありません。
CPUがあって、メモリがあって、ハードディスクなどの記憶領域があります。
モニターやキーボードなどは必要ないですが本体の構成はあなたのパソコンと変わりありません。
でもソフトはOSから違います。
パソコンのように色々な操作をする必要がないので、サーバ機能に特化したOSが使われています。
そのOSでウェブサーバソフトが動作して、リクエストに応じて、サイトの情報を返しているのです。
他にもウェブサーバソフトには必要な機能がありますが、とりあえずこれだけ抑えておけばいいでしょう。

ワードプレスを使えるウェブサーバは?

ワードプレスを使う時には単にウェブサーバの機能があるだけではダメです。
ワードプレスでは「サイトの情報が見たい」とリクエストがあった時に、プログラムでサイト情報を作ります。
元々サイトの情報をそのまま記録しておいて、その情報を返すだけではないのです。
自分でサイトの情報を作成して記憶させておくのではなく、プログラムに任せることでサイトの作成や管理を楽にしているのです。
ワードプレスでは、リクエストがあった時点でプログラムがデータベースからデータを読み取り、ページを構成してから情報を返すのです。
ワードプレスで使われているプログラムはPHP、データベースはMySQLと呼ばれるものなので、PHPが動いてMySQLが使えることがウェブサーバの条件になります。
最近のレンタルサーバではほとんどPHPとMySQLに対応しています。

その他のサーバ機能

多くのレンタルサーバではウェブサーバ以外のサーバ機能も提供してくれます。
多いのが、メールサーバとFTPサーバです。
メールサーバは電子メールの送受信をするサーバ機能、FTPサーバはサーバにファイルをアップロード、ダウンロードするサーバ機能です。
サーバのハード(コンピュータ)は同じ一台の中にメールサーバソフトやFTPサーバソフトも入っていて、利用者が使えるようになっています。
それほどコストがかからないので、おまけについている感じではありますが、使うと便利ですので参考まで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする