クラウド型共用サーバJETBOYの使い勝手は?

レンタルサーバのトレンドはクラウド?という記事で紹介したクラウドとのハイブリッドレンタルサーバーJETBOY。

その使い勝手はどうなのでしょう。

JETBOYとは?

JETBOYは290円/月から使えるクラウド型のレンタルサーバです。

サイトの規模によって、CPUやメモリなどのリソースを選べるのが大きな特徴です。

また、WEBサーバソフトにLiteSpeedを使用、記憶媒体はSSDを使用するなど、ワードプレスを高速で扱える環境になっています。

公式サイトから見る使い勝手

性能や価格は魅力がありますが、問題は使い勝手です。

まず、公式サイトを見て使い勝手を判断してみます。

サポート

まずサポートはメールサポートが無料です。

24時間365日対応しているとのこと。

電話サポートがないのが残念ですが、この価格ではメールでも無料サポートがついていれば充分でしょう。

またファーストSSDプラン(月額580円)以上だけですが、ワードプレスの移行代行が無料とのこと。

これはかなり太っ腹です。

管理パネル

サーバの使いやすさを決めるのが管理パネルです。

JETBOYでは、自社のサーバーパネルの他に「cPanel」を全プランで提供しているとのこと。

cPanelは扱いやすいことで知られていて、サーバー管理の世界標準ともいえるものなので、管理パネルの操作性は問題ないでしょう。

その他

サーバソフトはLiteSpeedを使っています。

LiteSpeedは一般的なWEBサーバソフト「Apache」の上位互換なので、Apacheと同じように扱えます。

やはりネットなどの情報量はApacheが圧倒的に多いので、その情報をそのまま使えるのは嬉しいですね。

その他、ワードプレスの簡単インストール機能もついていますが、最近ではどのレンタルサーバでも付属している機能なので、差別化とは言えないでしょう。

実際の利用者の声

利用者の口コミなどをみましたが、好意的な意見が多いようです。

使いやすいだろうというのは公式サイトからでも分かりますが、気になるのはサポートの質です。

「サポートの対応が素早い」とか「丁寧」という声が多くあるので、問題はないのだろうとは思います。

まあ新興のサービスなので、ここに手を抜いていたらNGですが。

話題のレンタルサーバJETBOYに変えてみたという記事に、実際にサポートから送られてきたメールの例が載っています。

500エラーが出た(利用者のミス)ことに対し、デバックしてエラーの原因ファイルを洗い出したという内容のメールです。

確かに丁寧なサポートです。

機会があれば一度つかってみたいと思いました。

レンタルサーバのトレンドはクラウド?

個人が主にウェブサーバとして利用するレンタルサーバのクラウドタイプへの移行が進行し始めたように思えます。

企業サーバのクラウド化からはかなり遅れましたが、今後はますますクラウドへの流れが加速するのではないでしょうか?

そもそもクラウドサーバとは?

クラウドと言えば、元々「雲」のことです。

ITの世界では、自分で実態(ハードなど)を持たず、インターネットを通じて好きなとに好きなだけ使えるサービスのことをクラウドと呼ぶことが多いようです。

雲のように実態が捉えずらいので、この名前が付いたのでしょう。

クラウドサーバは、サーバ機能をこのクラウドで利用するものです。

企業ではセキュリティーや自由度の面から、サーバーは自己保有(オンプレス)するか、レンタルの場合でも専用サーバを利用するのが普通でした。

企業の業務に利用されるので、サーバーダウンなどの障害は避けなければなりません。

ピーク時にダウンしないだけの余裕を持ったサーバーを用意する必要があり、高くつきました。

そこで、仮想化技術を使った仮想専用レンタルサーバーを使い、CPUやメモリなども利用した分だけの料金で運用できるクラウドサーバが現れ、多くの企業がクラウドに移行していきました。

個人で使う場合

個人でも事業として運営している人を中心に、クラウドサーバーを利用する人が現れました。

しかし一部に留まります。

何故なら知識がない人が使うには敷居が高すぎたのです。

仮想でも専用サーバです。

自由にサーバを利用できます。

ということは、サーバの知識がなければ利用が難しく、管理も大変だということです。

自由度があるかわりに、運営が難しいのが仮想専用サーバなのです。

最近のトレンド

しかし、最近ワードプレスを使う個人にもクラウド化の流れがみられます。

共用レンタルサーバーとクラウドのハイブリッドタイプのサービスが立ち上がったのがきっかけです。

簡単にいうと、仮想サーバでありながら共用サーバー並みの簡単さをもったサービスです。

クラウドタイプの運用が難しいのは、自由度があるからです。

普通は自由度が高いサービスの方が優れていると考えられますが、個人のウェブサーバーとして考えたときには、それが逆に足枷になっていたのです。

そこで、自由度を奪うという方法に出ました。

OSもソフトも自由に変更することはできません。

サービス側が設定したものをそのまま使うだけです。

逆に言えば、ユーザーはそれらの設定やアップデートなどをしなくていいのです。

これが現在のトレンドです。

ハイブリッドタイプのサービス

ハイブリッドタイプのサービスを紹介します。

MixHost

アズポケット株式会社が提供するクラウドとレンタルサーバのハイブリッド型レンタルサーバです。

ハイブリッドタイプのさきがけともいえるサービスです。

月額980円からと、通常の共有レンタルサーバー並みの価格で利用できます。



JETBOY

株式会社ライムテックが提供するクラウドとレンタルサーバのハイブリッド型レンタルサーバです。

月額290円からの格安プランがあるので初心者向けと言えるかもしれません。

そもそもサーバって何なんだろう

このサイトではレンタルサーバについて説明しています。

でも、そもそも「サーバ」って何?っていう人もいるかもしれません。

そんな人のために「サーバとは何か?」についてやさしく説明してみます。

サーバとは?

サーバあるいはサーバー(英: server)は、サービスを提供するコンピュータである。コンピュータ分野のクライアントサーバモデルでは、クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側のコンピュータやソフトウェアを指す。WikiPedia

クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側のコンピュータやソフトウェア」

簡単に言えばコンピュータとソフトです。

あなたが使っているコンピュータと違うのは

「あなたの操作に応じて動作する」

のではなく、

「ゲスト(お客さん)のリクエストに応じて動作する」

ということです。

不特定多数の人からのリクエストに応じて動作するコンピュータと理解すればいいでしょう。

ウェブサーバとは?

不特定多数の利用者の要望に応じて動くコンピュータとソフトをサーバと呼ぶのですから、一言でサーバといっても色々な種類があります。

その中でホームページを表示される機能を持ったサーバをウェブサーバと呼びます。

ワードプレスサイトを公開するのに必要なのもウェブサーバです。

ウェブサーバは「このページを見たい」というリクエストに応じて、ページの情報を返すものです。

ページを見ようとするのは不特定多数の利用者なので、まさにサーバです。

ウェブサーバの機能

ウェブサーバとは言ってもハードは普通のコンピュータと大きな違いはありません。

CPUがあって、メモリがあって、ハードディスクなどの記憶領域があります。

モニターやキーボードなどは必要ないですが本体の構成はあなたのパソコンと変わりありません。

でもソフトはOSから違います。

パソコンのように色々な操作をする必要がないので、サーバ機能に特化したOSが使われています。

そのOSでウェブサーバソフトが動作して、リクエストに応じて、サイトの情報を返しているのです。

他にもウェブサーバソフトには必要な機能がありますが、とりあえずこれだけ抑えておけばいいでしょう。

ワードプレスを使えるウェブサーバは?

ワードプレスを使う時には単にウェブサーバの機能があるだけではダメです。

ワードプレスでは「サイトの情報が見たい」とリクエストがあった時に、プログラムでサイト情報を作ります。

元々サイトの情報をそのまま記録しておいて、その情報を返すだけではないのです。

自分でサイトの情報を作成して記憶させておくのではなく、プログラムに任せることでサイトの作成や管理を楽にしているのです。

ワードプレスでは、リクエストがあった時点でプログラムがデータベースからデータを読み取り、ページを構成してから情報を返すのです。

ワードプレスで使われているプログラムはPHP、データベースはMySQLと呼ばれるものなので、PHPが動いてMySQLが使えることがウェブサーバの条件になります。

最近のレンタルサーバではほとんどPHPとMySQLに対応しています。

その他のサーバ機能

多くのレンタルサーバではウェブサーバ以外のサーバ機能も提供してくれます。

多いのが、メールサーバとFTPサーバです。

メールサーバは電子メールの送受信をするサーバ機能、FTPサーバはサーバにファイルをアップロード、ダウンロードするサーバ機能です。

サーバのハード(コンピュータ)は同じ一台の中にメールサーバソフトやFTPサーバソフトも入っていて、利用者が使えるようになっています。

それほどコストがかからないので、おまけについている感じではありますが、使うと便利ですので参考まで。