クラウド型共用サーバJETBOYの使い勝手は?

レンタルサーバのトレンドはクラウド?という記事で紹介したクラウドとのハイブリッドレンタルサーバーJETBOY。

その使い勝手はどうなのでしょう。

JETBOYとは?

JETBOYは290円/月から使えるクラウド型のレンタルサーバです。

サイトの規模によって、CPUやメモリなどのリソースを選べるのが大きな特徴です。

また、WEBサーバソフトにLiteSpeedを使用、記憶媒体はSSDを使用するなど、ワードプレスを高速で扱える環境になっています。

公式サイトから見る使い勝手

性能や価格は魅力がありますが、問題は使い勝手です。

まず、公式サイトを見て使い勝手を判断してみます。

サポート

まずサポートはメールサポートが無料です。

24時間365日対応しているとのこと。

電話サポートがないのが残念ですが、この価格ではメールでも無料サポートがついていれば充分でしょう。

またファーストSSDプラン(月額580円)以上だけですが、ワードプレスの移行代行が無料とのこと。

これはかなり太っ腹です。

管理パネル

サーバの使いやすさを決めるのが管理パネルです。

JETBOYでは、自社のサーバーパネルの他に「cPanel」を全プランで提供しているとのこと。

cPanelは扱いやすいことで知られていて、サーバー管理の世界標準ともいえるものなので、管理パネルの操作性は問題ないでしょう。

その他

サーバソフトはLiteSpeedを使っています。

LiteSpeedは一般的なWEBサーバソフト「Apache」の上位互換なので、Apacheと同じように扱えます。

やはりネットなどの情報量はApacheが圧倒的に多いので、その情報をそのまま使えるのは嬉しいですね。

その他、ワードプレスの簡単インストール機能もついていますが、最近ではどのレンタルサーバでも付属している機能なので、差別化とは言えないでしょう。

実際の利用者の声

利用者の口コミなどをみましたが、好意的な意見が多いようです。

使いやすいだろうというのは公式サイトからでも分かりますが、気になるのはサポートの質です。

「サポートの対応が素早い」とか「丁寧」という声が多くあるので、問題はないのだろうとは思います。

まあ新興のサービスなので、ここに手を抜いていたらNGですが。

話題のレンタルサーバJETBOYに変えてみたという記事に、実際にサポートから送られてきたメールの例が載っています。

500エラーが出た(利用者のミス)ことに対し、デバックしてエラーの原因ファイルを洗い出したという内容のメールです。

確かに丁寧なサポートです。

機会があれば一度つかってみたいと思いました。

レンタルサーバのトレンドはクラウド?

個人が主にウェブサーバとして利用するレンタルサーバのクラウドタイプへの移行が進行し始めたように思えます。

企業サーバのクラウド化からはかなり遅れましたが、今後はますますクラウドへの流れが加速するのではないでしょうか?

そもそもクラウドサーバとは?

クラウドと言えば、元々「雲」のことです。

ITの世界では、自分で実態(ハードなど)を持たず、インターネットを通じて好きなとに好きなだけ使えるサービスのことをクラウドと呼ぶことが多いようです。

雲のように実態が捉えずらいので、この名前が付いたのでしょう。

クラウドサーバは、サーバ機能をこのクラウドで利用するものです。

企業ではセキュリティーや自由度の面から、サーバーは自己保有(オンプレス)するか、レンタルの場合でも専用サーバを利用するのが普通でした。

企業の業務に利用されるので、サーバーダウンなどの障害は避けなければなりません。

ピーク時にダウンしないだけの余裕を持ったサーバーを用意する必要があり、高くつきました。

そこで、仮想化技術を使った仮想専用レンタルサーバーを使い、CPUやメモリなども利用した分だけの料金で運用できるクラウドサーバが現れ、多くの企業がクラウドに移行していきました。

個人で使う場合

個人でも事業として運営している人を中心に、クラウドサーバーを利用する人が現れました。

しかし一部に留まります。

何故なら知識がない人が使うには敷居が高すぎたのです。

仮想でも専用サーバです。

自由にサーバを利用できます。

ということは、サーバの知識がなければ利用が難しく、管理も大変だということです。

自由度があるかわりに、運営が難しいのが仮想専用サーバなのです。

最近のトレンド

しかし、最近ワードプレスを使う個人にもクラウド化の流れがみられます。

共用レンタルサーバーとクラウドのハイブリッドタイプのサービスが立ち上がったのがきっかけです。

簡単にいうと、仮想サーバでありながら共用サーバー並みの簡単さをもったサービスです。

クラウドタイプの運用が難しいのは、自由度があるからです。

普通は自由度が高いサービスの方が優れていると考えられますが、個人のウェブサーバーとして考えたときには、それが逆に足枷になっていたのです。

そこで、自由度を奪うという方法に出ました。

OSもソフトも自由に変更することはできません。

サービス側が設定したものをそのまま使うだけです。

逆に言えば、ユーザーはそれらの設定やアップデートなどをしなくていいのです。

これが現在のトレンドです。

ハイブリッドタイプのサービス

ハイブリッドタイプのサービスを紹介します。

MixHost

アズポケット株式会社が提供するクラウドとレンタルサーバのハイブリッド型レンタルサーバです。

ハイブリッドタイプのさきがけともいえるサービスです。

月額980円からと、通常の共有レンタルサーバー並みの価格で利用できます。



JETBOY

株式会社ライムテックが提供するクラウドとレンタルサーバのハイブリッド型レンタルサーバです。

月額290円からの格安プランがあるので初心者向けと言えるかもしれません。

そもそもサーバって何なんだろう

このサイトではレンタルサーバについて説明しています。

でも、そもそも「サーバ」って何?っていう人もいるかもしれません。

そんな人のために「サーバとは何か?」についてやさしく説明してみます。

サーバとは?

サーバあるいはサーバー(英: server)は、サービスを提供するコンピュータである。コンピュータ分野のクライアントサーバモデルでは、クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側のコンピュータやソフトウェアを指す。WikiPedia

クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側のコンピュータやソフトウェア」

簡単に言えばコンピュータとソフトです。

あなたが使っているコンピュータと違うのは

「あなたの操作に応じて動作する」

のではなく、

「ゲスト(お客さん)のリクエストに応じて動作する」

ということです。

不特定多数の人からのリクエストに応じて動作するコンピュータと理解すればいいでしょう。

ウェブサーバとは?

不特定多数の利用者の要望に応じて動くコンピュータとソフトをサーバと呼ぶのですから、一言でサーバといっても色々な種類があります。

その中でホームページを表示される機能を持ったサーバをウェブサーバと呼びます。

ワードプレスサイトを公開するのに必要なのもウェブサーバです。

ウェブサーバは「このページを見たい」というリクエストに応じて、ページの情報を返すものです。

ページを見ようとするのは不特定多数の利用者なので、まさにサーバです。

ウェブサーバの機能

ウェブサーバとは言ってもハードは普通のコンピュータと大きな違いはありません。

CPUがあって、メモリがあって、ハードディスクなどの記憶領域があります。

モニターやキーボードなどは必要ないですが本体の構成はあなたのパソコンと変わりありません。

でもソフトはOSから違います。

パソコンのように色々な操作をする必要がないので、サーバ機能に特化したOSが使われています。

そのOSでウェブサーバソフトが動作して、リクエストに応じて、サイトの情報を返しているのです。

他にもウェブサーバソフトには必要な機能がありますが、とりあえずこれだけ抑えておけばいいでしょう。

ワードプレスを使えるウェブサーバは?

ワードプレスを使う時には単にウェブサーバの機能があるだけではダメです。

ワードプレスでは「サイトの情報が見たい」とリクエストがあった時に、プログラムでサイト情報を作ります。

元々サイトの情報をそのまま記録しておいて、その情報を返すだけではないのです。

自分でサイトの情報を作成して記憶させておくのではなく、プログラムに任せることでサイトの作成や管理を楽にしているのです。

ワードプレスでは、リクエストがあった時点でプログラムがデータベースからデータを読み取り、ページを構成してから情報を返すのです。

ワードプレスで使われているプログラムはPHP、データベースはMySQLと呼ばれるものなので、PHPが動いてMySQLが使えることがウェブサーバの条件になります。

最近のレンタルサーバではほとんどPHPとMySQLに対応しています。

その他のサーバ機能

多くのレンタルサーバではウェブサーバ以外のサーバ機能も提供してくれます。

多いのが、メールサーバとFTPサーバです。

メールサーバは電子メールの送受信をするサーバ機能、FTPサーバはサーバにファイルをアップロード、ダウンロードするサーバ機能です。

サーバのハード(コンピュータ)は同じ一台の中にメールサーバソフトやFTPサーバソフトも入っていて、利用者が使えるようになっています。

それほどコストがかからないので、おまけについている感じではありますが、使うと便利ですので参考まで。

共用レンタルサーバと専用レンタルサーバ

通常、個人がブログやホームページを作成する時には共用レンタルサーバを使います。

これはひとつのサーバを複数の人(数百人)が共同で使うものです。

それに対して、ひとつのサーバを借りきるのが専用レンタルサーバです。

専用にすると高いので、共用にするのですが、共用である限り避けられない問題もあり、新しい技術を使った専用サーバも見直されています。

共有レンタルサーバである限り解決できない問題

共有レンタルサーバを使う限り避けられないないのは「他の利用者の影響を受けること」です。

共有レンタルサーバは、ひとつのサーバを大勢で共有して使っています。

当たり前のことですが、サーバの処理能力に比べアクセスが多くなるとスピードが低下します(最悪サーバがダウンします)。

普通は表示速度が速いのに、アクセスが集中する時間帯の速度が遅いのは、これが原因です。

自分のブログにアクセスが集中して遅くなるなら仕方ありませんが、同じサーバを使っている他の利用者のブログにアクセスが集中しているとしたら。

これは共有レンタルサーバを利用していると必ずあり得るリスクです。

1台のサーバに割り当てられる人数が少ないレンタルサーバを選ぶ(公表しているところは少ないので噂を頼りに)こと、同じサーバに割り当てられた人のアクセスが少ないように祈ることしか出来ません。

専用サーバを使えばいい

共有サーバではなく専用サーバを使えば、この問題は解決します。

他に利用者はいません。

もし処理が追いつかなくなったら、自分のサイトにアクセスが集まっているということ、嬉しい悲鳴です。

でも専用サーバはコストがかかります。

そしてサーバの知識が必要になってきます。

専用サーバはあなただけが使うのですから、どのOSを使うのか、OSのバージョンアップにどう対応するか、セキュリティはどうするか、全て自由です。

自由ということは自分で管理しないといけないので知識が必要なのです。

仮想専用サーバ

最近、仮想専用サーバ(VPS)という言葉をよく耳にするようになりました。

物理的には1台のサーバに、仮想的に複数のサーバ環境を構築したものです。

ディスク容量だけでなく、あなた専用のCPU、あなた専用のメモリーがあるかのように振る舞います。

専用サーバよりは安くなりますが、共有サーバよりは高価で、サーバの知識も必要です。

仮装専用サーバの変化

元々、仮装専用サーバは、好きに使える自由度を求めている人用のサービスでした。

しかし今では自由度は低いけど知識がなくても使えるサービスが増えています。

これを使えば、他の利用者に影響されない環境ができあがります。

同じディスク容量で比較すれば、共有レンタルサーバより高価です。

でもサイト運営の費用として比較すると必ずしも高価とは言えないのです。

「増強が簡単」だからです。

共有レンタルサーバを利用していて、容量が不足してきたり、アクセスが増えて速度が遅くなったりした場合、サーバを変更しなければなりません。

サーバの変更が大変なため、初めから充分な能力を持ったサーバを使用することになります。

仮装専用サーバは、初めから仮装環境です。物理的なサーバの制限はありません。

容量が不足してきたら仮装的に容量を増やすだけです。

処理が遅くなってきたら仮装的にCPUやメモリーを増設するだけです。

必要な時にいつでも簡単にできます。

仮装専用レンタルサーバと共用サーバのいいとこどり

仮装専用レンタルサーバと共用レンタルサーバのいいとこどりしたハイブリッドタイプのサービスが増えてきています。

自由度はなく安くて簡単だけど、他の利用者の影響を受けにくく、増強も簡単というものです。

ディスク容量は少ないものの、処理能力のコストパフォーマンスは共用サーバより優れているようです。

ブログのように、テキストと画像がメインならディスク容量よりも処理性能の方がボトルネックなので、このようなサービスに乗り換える人も急激に増えているようです。

MySQL(データベース)ひとつでWordPressひとつだけしか作れないという誤解

世界中のウェブサイトの25%がWordPressで作られているという時代。

新しくWordPressでブログを始める人も多いでしょう。

このサイトは格安のバリューサーバーまるっとプランを使っているのですが、このサービスではデータベースがひとつしか使えません。

色々調べてみると「データベースがひとつしか使えないからWordPressもひとつだけ」などと書いているサイトを見かけました。

いやいや、そんなことないんだけどな、と思ったので記事にしてみます。

WordPressに必要なもの

WordPressは、ページにアクセスがあったときに、サーバー側で必要なデータを読み出して構成して、ウェブページ情報を作成します。

このとき、色々なデータを保管するのにデータベースが必要で、そのデータベースにMySQLと呼ばれるものを使っています。

そして、読みだして構成するためにPHPというプログラムを利用します。

ですから、WordPressは、サーバーにMySQLがありPHPが作動する環境がないと利用できません。

MySQLひとつで複数のWordPressが動くの?

MySQLはデータを保管しているものです。

リクエストがあったときに、プログラムが「どのデータベースのどこの情報をここに書きだす」という命令をします。

「どのデータベースのどこの情報」がわかればいいのです。

AとBふたつのWordPressが、同じデータベースXを使っても情報がかち合わなければ問題ありません。

AブログがデータベースXのyの領域を使い、Bブログが同じデータベースXのz領域を使うというように分けておけばかち合うことはなくなります。

複数のWordPressがひとつのデータベースを使っても動作上は何の問題もありません。

デメリットは?

長く運用する場合には支障がでるかもしれません。

複数のブログを同じデータベースで運用していると、後から分離するのも面倒ですし、ブログのひとつを使わなくなってもデータベース内にあるそのブログに関するデータだけを消去するのも面倒です。

ですから、メインブログはデータベースひとつで運用した方がいいかもしれません。

しかし、サブブログや期間限定で使うサイトなどはこだわる必要はありません。

なぜデータベースひとつでWordPressひとつと言われているの?

データベースひとつでWordPressひとつだと言われているのは、おそらく長く運用した後に大変な思いをした人が「できればデータベースひとつでWordPressひとつがいい」と言ったのが始まりではないでしょうか?

昔はレンタルサーバーも高く、多くのデータベースを使うとコスト的に個人には負担が大きかったので、複数ブログを運営するときに同じデータベースを使うことも多くありました。

だんだん安くなってきて「できればデータベースひとつでWordPressひとつがいい」を実行できる環境になったのが大きいでしょう。

もうひとつは、最近はデータベースを無制限で作れるレンタルサーバーが多くなってきていて、データベースを使い捨てのように利用していることも理由だと考えています。

WordPressを簡単にインストールできるサービスが一般的になり、それが簡単なほど優位にたてるという競争になったのです。

そうなるとデータベースなど意識しない方が簡単です。

WordPressをインストールするときに勝手にデータベースまで設定されるサービスが多くなっています。

利用者はデータベースの設定すらしなくてよくなり、WordPressひとつにデータベースがひとつ自然に作られます。

この方法でWordPressを作成するのならデータベースひとつでWordPressひとつしか作れません。

実際にひとつのデータベースで複数のWordPressを作れる?

WordPressの簡単インストールを使うとデータベースを勝手に設定されるサービスの場合、ひとつのデータベースに複数のWordPressを対応させるためには、ちょっと面倒な手順が必要になります(そんなことする必要ないですが)。

おそらく、自分でFTPソフトを使ってWordPressをアップロードしないといけないでしょう(昔はみんなそうしてたのですが)。

でも、元々データベースがひとつしか使えないサービスの場合、データベースの使い捨てみたいな機能はついていません。

今このサイトで使っているバリューサーバーもそうです。

WordPressは、自分でアップロードする必要はなく簡単インストールサービスを使うことができますが、データベースは設定しないといけない形になっています。

とは言っても簡単です。

WordPressをインストールしたときに、どのデータベースのどの部分を使うか入力する画面が出てくるだけです。

そこに、入力すれば終了です。

プラグインをひとつ導入するより簡単なくらいです。

ですから、僕もバリューサーバーでデータベースひとつで3つのWordPressを動かしています。

そう、このサイトが使っているデータベースは他の2つのサイトと共有しているのです。

 

無料レンタルサーバーで独自ドメインワードプレス

このサイトは激安のバリューサーバーまるっとプランを使って、独自ドメイン+ワードプレスで運営しています。

もっと安くしたいなら、無料レンタルサーバーを使うという手もあります。

そこで無料で独自ドメインとワードプレスを使えるレンタルサーバーを紹介します。

何故無料か?

最初にデメリットを言っておきます。

無料で使わせてくれるには当然理由があります。

「広告」です。

無料レンタルサーバーは広告表示があり、その広告収入でサーバーを貸してくれます。

無料ブログサービスと一緒ですね。

ですから、広告がいやな人は無料レンタルサーバーは止めておきましょう。

まるっとプランは、ほぼ独自ドメイン料だけで広告なしなのでおすすめです。

XREA

XREAは、バリューサーバーと同じGMOデジロック株式会社が提供している格安レンタルサーバーです。

このXREAには「XREA Free」という無料プランがあり、広告が表示されますが独自ドメインで運用可能です。

https://www.xrea.com/

独自ドメインは10個まで、ディスク容量は1GBです。

https://www.xrea.com/plan/

Xdomain

エックスサーバー株式会社が提供している無料レンタルサーバーです。

広告なしのHTMLサーバー(静的なサーバー)もありますが、ワードプレス機能をつけると広告が表示されます。

https://www.xdomain.ne.jp/server/blog.php

パソコンからのアクセスでは広告は表示されずに、スマホとタブレットの場合だけ最下部に広告表示されます。

独自ドメインは5個まで、ディスク容量は2GB(Xdomeinでドメインを取得している人は独自ドメイン10個、ディスク容量5GBになります)。

https://www.xdomain.ne.jp/server/blog.php

SiteMix

セブンアーチザン合同会社が提供する無料ホームページ、ブログサービスです。

ワードプレスも使えますが、それ以外にも幅広く使えるサービスで、サービス内のホームページをカテゴリ別に分けたポータルサイトのような作りになっています。

http://sitemix.jp/

ディスク容量は1.5GBで、アクセス解析やWEBアプリなども利用できてワードプレスはその機能のひとつといった位置づけになっています。

http://sitemix.jp/

以上、独自ドメインでワードプレスが運用できる無料レンタルサーバーをまとめてみましたので、参考にして下さい。

格安で独自ドメイン+レンタルサーバ+WordPressを始める方法

このサイトは、超格安で作りました。

独自ドメインでレンタルサーバーを使ってWordPress――トータルでいくらだと思いますか?

利用したサーバーとブラン

使ったのは、バリューサーバー【まるっとプラン】です。


独自ドメインとサーバーを合わせて月額133円から、しかも初期費用0円です。

月額133円といえば、年間で1,600円ですよ。

独自ドメインを取得するだけでも、そのくらいかかります。

それにサーバーがついて年間1,600円からって……ちょっと試しに始めてみるには持って来いの激安サービスです。

安心のGMOグループ

安いからと言って怪しいサービスではありません。

提供しているのは、GMOデジロック株式会社です。

バリューサーバー自体もコストパフォーマンスに優れたサーバーとして良く知られたものです。

ブログやホームページ開設がワンクリックで可能なので、 初心者でも簡単、安心なサービスです。

でも遅いんじゃない?

格安レンタルサーバーでは、表示速度が遅いと聞いたことがあると思います。

まあ、超高速ではないでしょう。

でも格安レンタルサーバーの中ではハイスペックなバリューサーバーを使っています。

このサイトの表示速度はどうでしたか?

これで遅くて使えないと感じる人は、まるっとプランは止めておいた方がいいでしょう。

普通のバリューサーバーと何が違うの?

格安になっているので、普通にバリューサーバーを借りたときよりも制限があります。

バリューサーバーのエコプラン(年間2,000円、初期費用1,000円)と比べると、

1.ディスク容量が小さい(50GB→25GB)

2.マルチドメインが少ない(25個→3個)

という制限があります。

ですから、このサーバーで沢山のサイトを運営しようと思う人には向きません。

でも個人がブログを運営する場合、ドメイン3つとディスク25GBで足りないなんてほとんどないのではないでしょうか?

≫≫月額133円からのお得なドメイン&サーバーのセット「まるっとプラン」

格安レンタルサーバーで独自ドメインワードプレス始めました

激安レンタルサーバーを使って、ワードプレスを始めました。

基本的には、使い勝手などの検証が目的です。

どんなサーバーかはまだ内緒です。

ワードプレスサイト作成覚え書き

とりあえず入れておくべきプラグインを入れました。

Akismet Anti-Spam

いわずとしれたスパムコメント排除用プラグインです。

少し名が売れ出すと、とんでもない数のスパムがくることがあるので、ワードプレス必須プラグインです。

Edit Author Slug

セキュリティーのためユーザー名を隠すのに必要なプラグイン。

ワードプレスはユーザー名とパスワードでログインできますが、これを知られると乗っ取られてしまいます。

サイトに表示するユーザー名は「ユーザー」「あなたのプロフィール」でニックネーム表示に変更するのは当然ですが、それでも簡単にユーザー名を調べることができます。

Edit Author Slugは、ユーザー名を知られにくくしてくれますので、必ず入れておくべきプラグインでしょう。

SiteGuard WP Plugin

これもセキュリティーのためのプラグインです。

パスワードを知られることを防止してくれます。

これまで、セキュリティー対策に多くのプラグインを入れてましたが、このプラグインができてから楽になりました。

パスワード入力時に認証文字の入力が必須になりますが、日本製プラグインなので文字が「ひらがな」。

嬉しいです。

その他、多くの機能をこれひとつで提供してくれます。

WP Multibyte Patch

「マルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の修正」らしいです。

昔からワードプレス導入時には必ず入れるべきプラグインなので、使わないとどうなるのか知りません。

Google XML Sitemaps

Googleさん用のサイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。

SEO用に必須です。

WebSub/PubSubHubbub

ウェブサブパブサブハバブ……早口言葉で読めません。

新規投稿時にGoogleに無理やり更新内容を送りつけるシステムを利用してインデックスを早めるプラグインです。

最近Googleでどれくらい活用されているのかわかりませんが、入れないよりはましです。

まずはこれくらいにしてやろう

他にもいくつかお気に入りプラグインはありますが、テーマとの整合性やサイトの表示速度に影響しそうなものは最初は入れずにおきます。

まずは、不具合が出ない必ず入れておくべきプラグインのみに絞りました。

基本はセキュリティーですね。

これは必ず設定しましょう。